ARBOLEDA LP884

設計
堀部直子/堀部建築事務所
施工
ASJ光と水の街スタジオ[西野建設株式会社]
撮影
市川かおり

Comment

車通りの多い道に面した、徳島県阿南市での住宅です。

今回の計画ではクライアント夫婦のご主人が要望された「スポーツカーをイメージさせる外観デザイン」と、奥様の要望である「木の梁を現したナチュラルな内観イメージ」の双方を違和感なく取り入れることが求められました。また、ただ単に車の形をなぞるのではなく、建築としても魅力のあるデザインで、かつ住宅として使い勝手の良いプランを目指しました。

プランは廊下をなくしてLDKを中心とし、そこからすべての部屋にアクセスできるようにすることで、家族全員が動きやすくなりました。

収納も各所に設け、隠す収納と見せる収納をバランス良く使い分け、奥様がコレクションされている雑貨を飾るニッチも設けました。

外観の特徴のひとつでもある三角窓の内側にはロフトを設けており、レカロシートを設置しているそのスペースはご主人の特等席です。

屋外のデッキスペースはハンモックやブランコを吊るして楽しむこともできますし、屋根がかかっているので雨の日でもリビングの延長として利用することができます。

作品名である「ARBOLEDA」はスペイン語で木立を意味します。イタリアのスポーツカーをオマージュした先鋭的な外観と内部の木のぬくもりを表現し「ARBOLEDA/木立」と名付けました。

(堀部直子)

More