波止浜の家〜大小のコートを持つ二世帯住宅〜

設計
河口佳介+K2-DESIGN
施工
ASJ松山中央スタジオ[株式会社富士造型]
撮影
北村徹

Comment

四国今治市の国道に面した住宅街に計画した二世帯住宅である。

近くを通る国道は交通量も多く、外部からのプライバシーの確保と、親子世帯の生活を、良い距離感を持って分けることができるかが課題となった。また、二世帯住宅となると自然に部屋数が増え、通風/採光に十分に配慮する必要も出てくることが想定された。

まず、敷地の外周部にRCの壁を設けた。これは、交通量の多い国道からの騒音/視線を遮るためである。

次に利便性を考え、1階に親世帯、2階に子世帯と大きく分けることにした。

1階は親世帯と言っても、家族みんなが集うことができる共有のLDK+水回りと、親世帯専有の居間+寝室、ガレージ、玄関などの共用部と3つのヴォリュームに分割される。それらを中廊下型とし、千鳥状に配置することで、各ヴォリューム間に庭が設けられ、中廊下を介してつながることにより、ほどよい距離感を作っている。また、この庭が設けられることで各居室に通風/採光を確保することが可能となっている。

2階は半透明のガラスで外周を覆い、ダブルスキンの構造とすることで、その内側に大きな開口部を設けることができた。外部からの視線を遮り、プライバシーを確保しながらも採光と開放感を得られる。また、勾配天井によって設けられたハイサイド窓と中庭を設けることにより、2階の各居室にも通風と採光を十分確保できるよう考慮している。

敷地の外周部に設けられたRCの壁、1階に配置された塗り壁のヴォリューム、その上に乗るガラスの箱、勾配屋根の金属板と、積み重なったヴォリュームを違う素材にすることで、大きくなったヴォリュームに軽快さを与え、周囲に対しても圧迫感を感じさせないように配慮した。

プライバシーを確保するために、周辺には閉じた建築であるが、ヴォリュームをずらして配置することで生まれる隙間を活用することにより、通風/採光に配慮された明るく快適な住環境を実現した。

(河口佳介)

More