桜通りの二世帯住宅

設計
岸本和彦/acaa
施工
ASJ岐阜スタジオ[有限会社建築工房ビス]
撮影
上田宏

Comment

郊外の閑静な住宅街の一角に建つ二世帯住宅。角地に面した敷地にはコンクリートブロックによる塀が設置されていたため、面談の時点で塀の撤去と、築山と植栽による柔らかな領域の形成を提案した。ゆとりのある敷地に対して、建物の占める割合は少なく、多くの空地を意味のある庭として計画することが計画前から大きな課題として私の前にあったため、少なくとも道路に面した南側には広く庭を確保し、街並みと分断するのではなく柔らかく繋ぐことが大切だと思った。

二世帯住宅を考える上で重要なことは、世帯間の関係をどのくらい繋げてどのくらい分離するかということである。床と壁で分離していく方法は、とても合理的で一般的に採用される方法ではあるが、生活しながら揺れ動く関係を調整する融通性に欠けるため、この住宅では壁と壁の間にアプローチの路地と縁側と格子を設けることによって、居住空間に足を踏み入れることなく、お互いの日常を何となく感じとれる仕組みを取り入れた。

具体的には、まず敷地の入り口にあたるゲート部から奧に伸びた路地を進むと親世帯の縁側と中庭を見ながら、さらに奧へ進んで親世帯と子世帯のリビングが格子を介して向き合う路地に入り、ちょうどそこに親世帯の玄関がある。さらに奧へ進むと両側を中庭に挟まれた路地へと出て、その奥が子世帯の玄関である。それぞれの玄関に辿りつくまでに、共通した路地を通り、そこには家族の様々な風景が溢れだし、感じとることが出来るチャンスがたくさんある。

屋内空間については、二世帯分の住居スペースを長い帯状に配列し、複数の中庭を取り囲むように曲げ、さらにねじりを加えてちょうど路地の上部にあたるブリッジ部の2階で二世帯を繋げた。玄関を入ってそこに辿りつくまでには、それぞれの世帯で最も長い動線を経由しなければならないように仕組んである。お互いが出会うブリッジ部には、子供のためのスペースが割り振られている。世帯間を繋ぐ架け橋としての子供のイメージを重ね合わせた計画である。

(岸本和彦)

More