小浜の民家再生

設計
木村哲矢/木村哲矢建築計画事務所
施工
ASJ 敦賀スタジオ[新保興業株式会社]
撮影
中村写真工房 中村大輔

Comment

明治12 年(1879 年)に建てられた民家の改修です。

立派な木材と高度な技術を結集して造られた旧居は、いくたびかの改変・増築を経て住み継がれてきました。住まいの南面中央の広い玄関土間と、その横につながる豪壮な小屋組み現しの板間は、ほとんど使われておらず、2階に設けられていた子供室は、すでに成人して空き部屋となっていました。

式事用の2間続きの和室を含め、大きな民家の主要部分を避けるように、周辺部分や附属屋で2世代のご夫婦が慎ましやかにお住まいでした。

内部の床はこまごまとした段差が多く、玄関土間は直張りの天井が低いため、床を張って活用することができない状況でした。

改修の要は、

・空間の有効活用

・バリアフリー化

・防寒対策

・腐朽材の交換と構造補強

です。

ご両親が高齢のため、それまでと同様の生活が継続できるように、極力生活の勝手を変えないように心掛けるとともに、間取りや生活機器を新たにしつつ、この民家が持つ空間性を維持するように改修計画を立てました。

住まいを南北のゾーンに分け、それぞれの部分で床の高さを整理して揃えます。南面の旧玄関には床を張り、2階の子供室を撤去して一部吹抜けとし、天井の低さを軽減すると共に陽光が振り注ぐ明るいリビング・ダイニングとしました。 北側に隣接する従前の床高さの和室とは、床座—椅子座の差で、互いの視線の高さが揃います。新たにデザインした間仕切りの紙障子は、視線の高さで横一列を透明ガラスとし、視線の行き来を暗示しています。

豪壮な小屋組みが美しい旧板間は、明るくなったリビング・ダイニングとは対照的に闇が映える玄関として再生を図りました。その正面には、長い年月屋根の上で住まいを守ってきた鶴の鬼瓦を、床からの間接照明に浮かび上がるように飾りました。リビング・ダイニングへと通ずる紙障子には所々に色和紙を配し、禁欲的な闇の空間にほのかな色気を添えています。

(木村哲矢)

More